【MAFEX】スケアクロウ(バットマン ビギンズ)レビュー

スポンサーリンク

どうも!TA-KEです!

今回はMAFEXよりバットマンビギンズのヴィラン「スケアクロウ」のご紹介です。

犯罪者を精神異常者として診断し、その患者で人体実験をしている最低最悪のヴィラン。幻覚からくる恐怖心を更に煽るマスクも素晴らしい造形で再現されています。

劇場版のスケアクロウフィギュアでは決定版ではないでしょうか。他社では恐らくリリースされないであろうラインナップで攻めてくるのもメディコム・トイの良いところですよね。

以前紹介したバットマンのビギンズスーツへの換装パーツも付属しており、劇中で登場したデーモンバットマンを再現することが可能です。

パッケージ

いつものウィンドウボックス。MAFEXのパッケージはシリーズ通してデザインが統一されているので好感が持てます。

本体レビュー

前面・背面

側面

全体的な構造としては前回紹介したジョーカーコップver.と近い感じで、上着部分が軟質パーツで再現されています。

スーツの細かい織り目や、シワも細部まで造形で再現されております。ネクタイのシワもリアルですが、こんなに明るい青のネクタイ付けてたかな。

裾のたるみ具合や、靴の造形も見事です。毎度のことですが、爪先のジョイントは黒色の方が良いと思うんだけどなー。

頭部

幻覚剤を仕込んだガスを使用した後、恐怖心を更に煽るマスク。不気味なデザインと、布っぽい質感を造形と塗装で見事に再現しています。

マスク下の目も別パーツで造形されており、マスクを被っている感じをよりリアルに再現しており不気味さが増します。

素顔パーツも付属しており、こちらは演じていたキリアン・マーフィーの特徴を捉えられていると思います。MAFEXの素顔パーツは造形とデジタルプリントの技術が高水準で安定してきてる印象です。

ただ、欲を言えばメガネは欲しかったところ。

可動範囲

首周り

首と頭部がそれぞれ独立しているため、マスクを付けた状態でも上下にしっかりと可動させることが出来ます。

素顔パーツも勿論同様に可動します。

上半身

上半身はスーツの上着が干渉するため、可動域としては狭め。

腕・肩・膝周り

肩まわりについてもスーツが干渉するため垂直に腕を上げることは出来ません。

下半身

股関節周りは引き出し関節になっており想像以上に可動します。

付属品

ハンドパーツは豊富で開き手が2種、握り手が1種、指を立てているものが1種。

付属のジッポライターを握る用のもの、脱いだ後のマスクを掴む用のものが付属します。

成型色ではなく、しっかり肌の色が塗装で再現されており手のひらのシワまで造形されています。

そして目玉パーツであるデーモンバットマンへの換装パーツ。この頭部の造形は圧巻です。

自身の幻覚剤入ガスを食らってしまったスケアクロウから見えるバットマン。こんなのに尋問されたらたまりません…。

頭部パーツの他には胸部パーツも付属しており、取り替えることで爛れた胸部とボロボロのマントが再現できます。

その他にベルトとハンドパーツが付属します。

最初から付属してよ!って思う半面、過去に発売された商品でも新商品を買うことでグレードアップするのは楽しいです。

【MAFEX】バットマン ビギンズスーツver. レビュー

2018.07.08

遊んでみた

感想

付属品も多くプレイバリューの高い1体だと思います。MAFEXはヴィランも積極的に立体化してくれるので遊びの幅が広がりますし、コレクションとしても有り難いです。

換装パーツによるフィギュアアップデート方式は今後も続く予定なのでチェックしていきたいと思います。

それでは!

スポンサーリンク

童心に返れるフィギュアの楽しみ方
ご存知ですか?

マーベルの巨匠スタン・リーや、アイアンマンで主演を務めたロバート・ダウニーJrがSNSでシェアしたことでも有名なホットケノービ氏の「#オモ写」。

芸術的な作品の中にどこか感じる懐かしさ。フィギュアが好きでこのサイトに着たなら是非見ていってほしい、感じてほしい「#オモ写」の世界。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住のアイアンマン好き。17年の夏に「#オモ写」に出会って、アメコミフィギュアの沼にハマりました。 オモ写にまつわる話題も取り上げていければと思います。