【マーベルレジェンド】ニック・フューリー レビュー

スポンサーリンク

どうも!TA-KEです!

前から欲しかったマーベルレジェンドの「エージェントオブシールド3パック」が中古で安く手に入って、想像以上に気に入ったのでレビューしていきたいと思います。

今回はニック・フューリーのレビューになります。

 

パッケージ

初めての3パックセット。

さすがに3体並んでいると迫力あります。贅沢です。

サイドにはいつもどおりイラスト。

 

付属品

フューリー用に付属していたのは拳銃2丁。

それぞれ本体の胸と太もものホルスターに収納できます。

本体レビュー

前面

側面

背面

2年ほど前のフィギュアですが、コートやブーツの造形は細かく長官らしさは感じます。

コートは着脱可能です。ただ、脱がしてみても両腕は閉じることができなかったので素体自体はイマイチです。

 

頭部

頭部は流石に最近のデジタルプリントと比べると塗装なんかもかなり荒いですが

演じている、サミュエル・L・ジャクソンの特徴をしっかり捉えていると思います。

左目の眼帯下にある傷まで造形で再現されています。

 

可動範囲

首周り

首周りの可動は平均的ですが、上向きの際に若干襟が干渉します。

上半身

上体は残念可動ですね。

反らすことはほぼ出来ないです。

腕・肩・膝まわり

肩周りは特に干渉するパーツはありませんが、イマイチな可動域です。

肘と膝はダブルジョインとになっています。

下半身

下半身、特に股関節周りは絶望的な可動です。。笑

 

アクション・オモ写

ビジネス系のアイテムと相性が良いです。

付属の拳銃を持たせるとこんな感じです。

サムネイルにも使いましたが、陰影をつけると造形の良さが際立ちます。

アベンジャーズ!(ブラック・ウィドウいないけど…

 

感想

如何だったでしょうか。

可動が残念すぎますが、劇中でもそんなに動き回っている印象はないので我慢できるかなといった感じです。

むしろ素立ちで十分なオーラを感じられる造形になっているので満足度高いです。

(安かったってのもあるけど。。

 

次回はフィル・コールソンをレビューしていきたいと思います!

それでは!

 

 

スポンサーリンク

童心に返れるフィギュアの楽しみ方
ご存知ですか?

マーベルの巨匠スタン・リーや、アイアンマンで主演を務めたロバート・ダウニーJrがSNSでシェアしたことでも有名なホットケノービ氏の「#オモ写」。

芸術的な作品の中にどこか感じる懐かしさ。フィギュアが好きでこのサイトに着たなら是非見ていってほしい、感じてほしい「#オモ写」の世界。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住のアイアンマン好き。17年の夏に「#オモ写」に出会って、アメコミフィギュアの沼にハマりました。 オモ写にまつわる話題も取り上げていければと思います。