【MiniFigures】レビュー⑤ -ホークアイ-

スポンサーリンク

弓矢の名手 ホークアイ

 

どうも!TA-KEです!

今日はホークアイのminifigureをレビューしていきます。

-ホークアイについて-

完璧な正確さとトリック・アローに詰まった矢筒を持つアーチャー、クリント・バートンの機転は彼の雷の様に速い反射神経よりも素早い!この弓矢の達人はルールに常に従うわけではないが、はるか昔にアベンジャーズにとってかけがえのないメンバーであることをホークアイは証明しているのである!

本名:クリントン・フランシス・“クリント”・バートン
身長:182.88センチ
体重:83.91キログラム
能力:世界で最も偉大な射手。さまざまにトリックアローを使いこなし、どんな角度からも正確に矢を射ることができる。
初登場:Tales of Suspense #57 (1964年9月)

引用:MARVEL公式サイト

 

トニー・スタークのような天才的な頭脳を持っているわけでもなく、キャプテンのような超人的な身体を持っているわけではないんですけど、映画 アベンジャーズ エイジオブウルトロンでスカーレットに対して言った

「一歩外に出たら、君はアベンジャーズだ。」

のシーンで好きになってしまいました。

内容物

毎度のことながらハンドパーツは多めですね。

本体

正面

側面

背面

 

弓を引く左手のハンドパーツは黒でグローブを彷彿とさせます。

髪型とサングラスでホークアイらしさは演出できていますね!

エイジオブウルトロンのときにサングラスをしていた記憶はありませんが…。

 

今日のオモ写

S.H.Figuartsのホークアイと一緒に。

 

それでは!

 

スポンサーリンク

童心に返れるフィギュアの楽しみ方
ご存知ですか?

マーベルの巨匠スタン・リーや、アイアンマンで主演を務めたロバート・ダウニーJrがSNSでシェアしたことでも有名なホットケノービ氏の「#オモ写」。

芸術的な作品の中にどこか感じる懐かしさ。フィギュアが好きでこのサイトに着たなら是非見ていってほしい、感じてほしい「#オモ写」の世界。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住のアイアンマン好き。17年の夏に「#オモ写」に出会って、アメコミフィギュアの沼にハマりました。 オモ写にまつわる話題も取り上げていければと思います。