【マーベルレジェンド】ロキ RAGNAROKver レビュー

スポンサーリンク

どうも!TA-KEです!

さて、公開まで1ヶ月を切ったマイティ・ソー バトルロイヤル。

公開に先立ち、とあるフィギュアを購入しましたのでそちらのレビューをしていきたいと思います!

 

ひねくれ王子 ロキ様

というわけで、今回レビューしていくのは、マーベルレジェンドのロキ RAGNAROKverです。

-ロキについて-

アスガルドにてマイティ・ソーとともに育てられたロキは、気高い乳兄弟に対する嫉妬心で生来のいたずら心が本物の悪の感情へと変化してしまった。常に兄の高潔な行いに挑戦する機会を伺い、アスガルドと地球双方を支配するために人の心を操り欺く能力を駆使する。己の悪巧みの成功以外何も望まず、そのために嘘もつき、人を欺き、あらゆる背徳的行為を行い、己がアスガルドの同胞たちよりも優れていることを証明しようとするのである。

本名:ロキ・ラウフェイソン
身長:193cm
体重:238.1kg
能力:
ロキは、超人的な腕力、敏捷性、耐久力、それと負傷に対する抵抗力を持つ。異世界の実質上不死の種族、ヨトゥンの血を引く。現実操作の達人で、姿を変化させたり、人の心を操ったり、幻影を見せることができる。魔法の杖を操り、先に述べた力をさらに強化することもできる。

引用:マーベル公式

パッケージ

開封!

開けるとそこには小さなトム・ヒドルストンが。。

付属品は

・角冠

・マント

・ビルドパーツ(グラディエータ ハルク右足)

本体

正面

側面

背面

マントと角冠を装備させるとひねくれ王子のロキが完成!

さて細かく見ていきましょう!

バストアップ

いやー、S.H.Figuartsに負けず劣らずマーベルレジェンドのデジタルプリントも素晴らしいですね!演じているトム・ヒドルストンの特徴をよく捉えています。

角冠は軟質パーツで出来ており、頭にすっぽり収まります。

これ被るだけでグッとロキ感がでますよね。

色味がゴールドだったら尚良かったんですけどね。。

 

ただ、そんなことよりも問題はマントです。

分かりにくいので頭部パーツを外した状態にしてみました。

両肩にマントを取り付ける用の穴が空いています。

取り付けるとこんな感じ。

そう、左肩が上手くはまらず浮いてしまうんです。。

かなり外れやすいのでこれはマイナスポイントですね。

一応頭部をつけることで、髪の毛でマントを押さえ込むことは出来ますが。。

稼働させているとポロッと外れてしまいます。

個体差なのか分かりませんが、それ以外の完成度が高いだけにこれは残念。。

可動

ちょっと怠けて可動の写真を1枚しか撮ってませんでした。。

本体はマーベルレジェンドの平均的な可動ですね。腰巻きは軟質パーツで出来ているのでそこまで干渉しません。

髪の毛も軟質パーツで出来ているものの、上下の可動はかなり制限されてしまいます。

サイズ感

マイティ・ソーはS.H.Figuarts版しかもっていないので、そちらとのサイズ比較。

一回り大きいですね。顔の大きさも差がありすぎる感じがします。

S.H.Figuarts版で今後グラディエーター版のマイティ・ソーとハルクの発売が予定されているようですので、今のところマーベルレジェンド版を買う予定はありませんがヘルメットオフ状態のソーは少し気になってます。。

アベンジャーズより因縁の二人。

サイズの違和感満載ですね。

オモ写

映画マイティ・ソー ラグナロクの予告より「サプラ~イズ♪」なロキ様。

 

さて、如何だったでしょうか。

もう少し付属品があれば尚満足度も高かったんですが、フィギュア自体の出来はかなり良いので満足の行く買い物ができました!

最近仕事が忙しくて、ブログもInstagramも更新できていませんでしたがフィギュアたちはどんどん増えていいるので時間をみつけてレビューしていきたいと思います!

 

それではまた次回!

 

スポンサーリンク

童心に返れるフィギュアの楽しみ方
ご存知ですか?

マーベルの巨匠スタン・リーや、アイアンマンで主演を務めたロバート・ダウニーJrがSNSでシェアしたことでも有名なホットケノービ氏の「#オモ写」。

芸術的な作品の中にどこか感じる懐かしさ。フィギュアが好きでこのサイトに着たなら是非見ていってほしい、感じてほしい「#オモ写」の世界。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住のアイアンマン好き。17年の夏に「#オモ写」に出会って、アメコミフィギュアの沼にハマりました。 オモ写にまつわる話題も取り上げていければと思います。