【S.H.フィギュアーツ】アイアンマン マーク47(ホームカミング) レビュー

スポンサーリンク

どうも!TA-KEです!

先日発売された「スパイダーマン ホームカミング」よりアイアンマン マーク47のレビューになります。

今回はスパイダーマン ホームメイドスーツver.とのセット品を購入しました。

恐らく17年の締めオモチャになると思います。

 

パッケージ

スパイダーマン ホームメイドスーツver.とのセット品なのでパッケージはこんな感じ。

右サイドにはアイアンマンのイメージ写真。

左サイドにスパイダーマン。

裏面はこんな感じ。

開封!

セット品なのでブリスターも豪華です。

付属品(アイアンマン マーク47)

・本体

・替えのハンドパーツ×3種

・リパルサーエフェクト×2

・飛行エフェクト×4

 

本体

正面

側面

背面

以前発売しているマーク46のカラー違いなのでそこまでの感動はありませんが、さすが安定のS.H.Figuartsといった感じです。

今回のカラーリングで特徴的なシルバーもメタリック感があって質感は高いです。

細部

バストアップ

従来のアイアンマンとは違ってゴールドカラーが薄めで上品な仕上がり。

目もブルーで塗装されており、マーク46とはイメージが若干異なります。

マーク46と比較

造形は全く同じですが、カラー違いで雰囲気は結構変わって新鮮です。

よく見るとメインのレッドカラーもマーク46より薄めで、各種リアクター部分も薄いブルーで塗装されてます。

可動

首周りの可動は優秀でしっかりと上を向くことが出来ます。

飛行シーンも難なく再現できます。

腰回りも比較的優秀な可動域。

腕周り・肩周りも引き出しパーツになっており、十分な可動域です。

肘・膝もダブルジョイントでしっかり曲げられます。

股関節も引き出し式になっており、恐ろしいまでの開脚が出来ます。

前後も優秀。

優秀な可動域のお陰で床パンも問題なくできます。

(劇中ではマーク47で床パンはなかったと思いますが。。

 

気になるトニーヘッドとの互換性は。。

気になるトニーヘッドとの互換性ですが。。

残念ながらマーク46同様、互換性はありません。

※写真はトニーの頭を乗っけているだけで、固定は全くされていません。

 

オモ写

話題になった予告編のあのシーン。

怒られるピーター・パーカー。

今回の映画ではトニーがピーターのメンターとして良い存在でしたね。

まるで親子のような関係性が観ていて微笑ましかったです。

兄弟喧嘩。

 

さて如何だったでしょうか。

以前発売しているマーク46のカラー違いなので、あまり面白みはありませんでしたがアイアンマンらしくないカラーリングで新鮮さはありました。

ただ、付属品もマンネリ化してきているので殻のヘッドパーツやトニーヘッド、新規のエフェクトパーツなんかがあると嬉しかったですね。

 

アイアンマン好きとしては買って良かったなと思いますが!

 

次回はスパイダーマン ホームメイドスーツver.を紹介しようと思います。

 

それでは!

スポンサーリンク

童心に返れるフィギュアの楽しみ方
ご存知ですか?

マーベルの巨匠スタン・リーや、アイアンマンで主演を務めたロバート・ダウニーJrがSNSでシェアしたことでも有名なホットケノービ氏の「#オモ写」。

芸術的な作品の中にどこか感じる懐かしさ。フィギュアが好きでこのサイトに着たなら是非見ていってほしい、感じてほしい「#オモ写」の世界。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住のアイアンマン好き。17年の夏に「#オモ写」に出会って、アメコミフィギュアの沼にハマりました。 オモ写にまつわる話題も取り上げていければと思います。